機械編み無料オンライン相談室開催中!(ピンクのバーをクリック)

エサから自給する釣り

ヤッター!私の好きな魚だー!とても弾力があって味も美味しい!

元夫が釣りに行ってキジハタという魚を沢山釣ってきてくれた。
これくらいの大きさなら買えば5,000円くらいする高級魚だぞと自慢げに話していた。

元夫は自分で釣ってきた魚は自分の出刃包丁でさばいてくれる。

既に野良猫2匹に食い散らかされた後の写真。

その日の晩は、刺身、カマ焼き、皮のネギポンを作って食べさせてくれた。彼は几帳面なのでお皿に盛った姿からして美しく美味しそう。料亭に迷い込んだ野良猫のごとく、私と娘はそれらに勢いよくむしゃぶりついていた。それ以外のおかずはトマトとご飯のみ。

残りは開いて一夜干しにしたり、冷凍したり料理しやすいようにすべて綺麗に始末しておいてくれるのでありがたい。

煮込み用はきちんと飾り切り?までつけておいてくれる
魚の皿をはみ出す魚!煮つけは最高でした。

釣ってきた本人は過敏で臭いが気持ち悪くて一日目の魚は食べれないので、ソーセージを焼いて食べている。

私「もごもご(悪いね~)」という感じ。

しかも元夫はカヤックで一人沖に出て釣りをする。ガイドをしていた事もあるくらいの腕前だが、大きな船に乗っている漁師さんからはとても心もとなげに見えるらしく、よく声をかけられたり、魚を分けてもらったりするらしい。でっかいタコもらったこともあるという。買うと高いのに!

娘と乗りたいから最近娘の好きなピンク色の大きめのカヤックをこっそり買っていた

私や仲間と沢登り(登山道ではなく、山の中を流れる川を遡行して登るタイプの登山)をしていた時は、途中でイワナなどを釣りながら、拾った薪で火をおこして。夜は薪の残り火の横でタープの下に転がって寝る、そんな自由度の高いスタイルを彼は好んだ。

沢登りのワンシーン。元夫が登っていて、下で私がロープで滑った時に落ちないように確保している。沢登は普通の登山より自給自足要素が強く、そういう意味でとても楽しい。

山に登る前、フェンスにこびりついている蔓の葉がクルリと丸まっているのを見たら、その中に虫がいてイワナのエサになるらしく、そのままポケットに入れてエサとする事もあるらしい。ケータリングにぴったりのエサである。

元夫曰く、そういう風にエサからすべて自分一人の手で食料を得て、一人で火をおこし、登山を完結出来た時はすごく快感というか達成感があるから好きらしい。

自分でイワナを釣り上げた時のやまんば。プロフィールの写真も同じ状況のもの。

その話を私はすごく良く覚えていて、すごいなぁと思っていたし、自分は何も出来ないが何故かその気持ちに共感できた。

それは山の中だけで完結するチャレンジで、本当の自分の実力が短期間で求められるからよりスリリングで面白いが、今考えると釣りの自給自足というのもエサや道具を少し自分で工夫してみるだけでもっと面白くなるんだろうなぁと思った。


釣り以外でもなんでもそうかもしれないけど、買うより前に作る、までいかなくても、他に代用できるもの、を探して代用してみるだけでも面白くなるかもしれない。

でも、私は知っている。

トータルすると、キジハタも買った方が安いくらい今までガソリン代と高速代かかってるという真実を!どーーん!

まあ、趣味だから楽しければいいんでしょうけどね。
あー海が近いっていうのもいいなぁ~

▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲
無料メルマガ講座、配信中!
初心者さんも迷わない!
やまんばと行く、繊維・奥の細道
▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲▲

服は毎日着ているけれど、改めて考えるとちょっとモヤモヤ疑問がわいてきたりしませんか?

・サステナブルな服選びってどうしたらいいの?
・肌が弱いから着れる服が少ない
・服の事を考えるのが面倒臭い
・ペットが化繊を飲み込まないか気になる
・服を作ってみたいけど何から始めたらいいか分からない
・手芸は出来るけど学校で習ってないから不安やコンプレックスがある

そんな繊維にまつわるちょっとした疑問やお悩みに寄り添う無料メルマガです。

私に直接質問もオッケー!

>>詳しい内容はこちらのページをご覧ください

\今すぐ読んでみたい方はこちら/

無料メルマガ講座 やまんばの手しごと工房「回覧板」